ファクタリング会社「BIZパートナー」と「JPS(JapanPremiumService)」を5つの項目で比較!

こちらの記事では、人気のファクタリング会社である「BIZパートナー」と「JPS(JapanPremiumService)」を5つの項目で比較してみました。

今回は、ファクタリング会社の申し込みをする際に基本となる下記の5つの項目を徹底比較しています。

  1. 手数料・買取金額・入金スピード・審査通過率
  2. 申し込み方法・電話受付時間
  3. 対応エリア・非対面契約できるか
  4. 2社間、3社間・個人事業主の利用
  5. 必要書類・償還請求権の有無、債権譲渡登記の設定


両社の良いところ、悪いところを包み隠さずお伝えしていきますので、これからどちらで申し込みをしようか迷っている方の参考になれば幸いです。


目次

「BIZパートナー」と「JPS(JapanPremiumService)」を5つの項目で比較しました!

1.手数料・買取金額・入金スピード・審査通過率で比較「手数料」「買取金額」「入金スピード」「審査通過率」を比較しています。
2.申し込み方法・電話受付時間で比較「申し込み方法」「電話受付時間」を比較しています。
3.対応エリア・非対面契約できるかで比較「対応エリア」「非対面契約ができるか」を比較しています。
4.2社間、3社間利用・個人事業主の利用で比較社「2社間、3社間の利用ができるか」「個人事業主の利用ができるか」を比較しています。
5.必要書類・償還請求権の有無、債権譲渡登記の設定で比較「必要書類」「償還請求権(ノンリコース)の有無」「債権譲渡登記の設定」を比較しています。

上記の5つの項目で、「BIZパートナー」と「JPS(JapanPremiumService)」を比較してみました。
知りたい項目がありましたら、上記表の左側、下線が付いた部分をタップ(クリック)するとすぐにチェックができるようになっています

1.手数料・買取金額・入金スピード・審査通過率で比較!

BIZパートナー
JPS
手数料公式サイトに記載なし2社間 5~10% 
3社間 2~8% 
※売掛先企業様の与信力により変動あり
買取金額10万円~1億円まで最高1億円まで
入金スピード最短1時間最短翌日(最長3日以内)
審査通過率98.7%公式サイトに記載なし

BIZパートナー手数料は、公式サイトでは明確にはなっていません
調べたところ「手数料は標準的」「それなりに安い」という口コミがあり、明確な数字は見られませんでした。

一方、JPSでは他社からの乗り換えの場合、さらにお得な手数料で利用ができるとの事です。
口コミの投稿者さんの中には、乗り換えすることにより、手数料が9%も低くなった方もいらっしゃるようですよ。

入金スピードはJPSが最短翌日(最長3日以内)なのと比べて、BIZパートナーの方がかなり早く、最短1時間での入金が可能だとの事です。

審査通過率に関しては、JPSでは記載がなかったのですが、BIZパートナーは98.7%とかなり高い審査通過率となっています。

2.申し込み方法・電話受付時間で比較!

BIZパートナー
JPS

申し込み方法電話・FAX・メール・LINEオンライン、電話・郵送・来社・出張
電話受付時間平日9:00 ~ 19:00平日9:30 ~ 19:00

BIZパートナーの申し込み方法は「電話・FAX・メール・LINE」となり、LINEで申し込みや相談ができるところが、忙しい方や外での仕事が多い方には特に好評となっています。

一方、JPSの申し込み方法はオンライン、電話・郵送・来社・出張となり、オンラインや電話、郵送でも手続きは可能ですが、「来社して手続きをしたいけど難しい」という方のために、無料全国出張サービスが行われています。
店舗から遠方にお住まいだったり、忙しくて時間が取れない方に特に便利なサービスとなっています。

3.対応エリア・非対面契約で比較!

BIZパートナー
JPS
対応エリア全国全国
非対面契約できるか

対応エリアはどちらも全国となっています。

BIZパートナーでは、資金化までのステップとして、必要事項のヒアリング・面談を経て審査を行うとの事なので、非対面で契約はできません。

一方、JPSでは非対面契約が可能となっています。

4.2社間、3社間・個人事業主の利用で比較!

BIZパートナー
JPS

2社間
3社間
個人事業主の利用    

どちらの会社も、2社間、3社間ファクタリングの取り扱いをしています。

また、個人事業主の方は両社とも利用可能です。
BIZパートナーの公式サイトでは法人専用と記載がありますが、個人事業主の利用もできるとのことです。
(当サイト調べ)


5.必要書類・償還請求権の有無、債権譲渡登記の設定で比較!

BIZパートナー
JPS

必要書類・法人会社謄本(履歴事項証明書)2通
・法人印鑑証明書3通
・個人印鑑証明書 1通
・身分証明書(運転免許証・パスポートなど)
・取引先との基本契約書(無い場合はご相談ください。)
・成因資料(注文書・契約書・発注書・納品書・請求書など)
・入出金の通帳・当座照合表(過去3~6か月分) 
・納税証明書 ※税金納付済みの場合(納税証明 その3の3)
※税金分納、未納の場合(納税証明 その1)
・通帳の写し
・請求書
・決算書
・身分証明書
償還請求権(ノンリコース)の有無なし公式サイトに記載なし
債権譲渡登記の設定原則は必要不要

BIZパートナーの必要書類の中には、法人会社謄と法人印鑑証明書が含まれていますが、個人事業主の方は必要ないと思われますので、申し込み時に確認をしてみて下さい。

BIZパートナーでは、売掛先が万が一倒産した場合であっても、利用者が返済の責任を負う必要のない、ノンリコース(償還請求権なし)での契約ですので安心です。
一方、JPSでは、公式サイトにノンリコースについての記載はありませんでした。

債権譲渡登記は、BIZパートナーは原則必要となっていますが、公式サイトには下のような記載がありましたので、登記不要にできる可能性もあります。

しかし、2社間ファクタリングにて契約をご希望されるお客様の中には、登記を入れる事によって今後のお仕事やお取り引きに支障を来すおそれがあったり、銀行融資の審査直前であり審査に悪影響を及ぼしたくないなどの理由がある場合その限りではございません。お申し込み時にお問い合わせ下さい。

BIZパートナー公式サイトより引用

JPSでは債権譲渡登記の設定は不要ですので、誰にも知られることなく資金調達ができます。

「BIZパートナー」がおすすめな人

「 BIZパートナー」がおすすめな人
  • 早急に資金を調達したい人
  • ノンリコース(償還請求権なし)で契約したい人
  • 審査通過率の高いファクタリング会社を探している人
  • 相談実績の多いファクタリング会社が良いという人

BIZパートナーは、スピード感を重視している会社というだけあって最短1時間で資金調達が可能となっています。

また、万一支払先(取引先)が倒産してしまってもお客様が買い戻す必要がない「ノンリコース(償還請求権なし)」の契約となっていますので、決済リスクも回避でき安心だという事です。

BIZパートナーでの相談実績は、年間約3000件以上!業種問わずたくさんの企業が利用しているようです。
そして審査通過率は98.7%!!
売掛先の企業の信頼性のみを審査するため、この通過率の高さになっているということです。

資金調達が早く、審査通過率の高い「BIZパートナー」が気になる方は是非、公式サイトをチェックしてみて下さいね。

\最短1時間で資金調達が可能!/



「JPS(JapanPremiumService)」がおすすめな人

「JPS(JapanPremiumService)」がおすすめな人
  • 資金調達までが早いファクタリング会社を探している人
  • ファクタリング会社の乗り換えを考えている人
  • 事務手数料・出張交通費が無料のファクタリング会社を探している人
  • 買取後のアフターサポートを希望される人

JPSの資金調達までの時間は最短翌日(最長でも3日以内)となっていて、口コミでは翌日に調達できたという方が多く見られました。
土日以外はお問い合わせ後30分以内にご連絡をするなど、スピード対応を心掛けているということです。

JPSでは他社からの乗り換えの場合、更にお得な手数料で利用ができるとのことです。

さらに事務手数料や出張交通費はどちらも無料なので、手数料以外の追加費用は一切かからないとの事ですよ。

また、JPSでは買取後のアフターサポートを利用できるとの事です。
ファクタリング利用を終えられるよう、経営コンサルタントを紹介してくれるなど、個人に合った提案をしてくれるそうです。
口コミでも、アフターサポートが充実しているのが良いと好評でした。

\他社からの乗り換えで、更にお得な手数料で利用可能!/


まとめ

以上、人気のファクタリング会社「BIZパートナー」と「JPS(JapanPremiumService)」の違いを5つご紹介してきました。

入金までのスピードや審査通過率の高さを重視する方はBIZパートナー
他社からの乗り換えで手数料を安くしたい方や、買取後のアフターサポートを利用したい方はJPSを選ばれると良いかと思います。

「 BIZパートナー」と「」は結構比較して検討する方も多いのですが、実は「 BIZパートナー」と「QuQuMo(ククモ)」で比較する方が多いんです。

詳しくは「 BIZパートナーとQuQuMo(ククモ)を5つの項目で比較!」←こちらにまとめましたので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

こちらの記事を参考に、ご自身に合うファクタリング会社を見つけられたら幸いです。

目次